Concept

ヨガとは…

ヨガは古代インドのVEDA(ヴェーダ)という聖典に起源を持ち 調和・バランス・安定などの意味があります
また、つなぐこと、結ぶこと、一つになること、統合すること、その手段や方法

心がヨガをすれば笑顔
体がヨガをすれば健康
家庭でヨガをすれば家族円満
職場でヨガをすれば人間関係が円滑に
手と手をつなぐこともヨガ
国どうしがヨガをすれば平和に

ヨガとは意識的になり気づいていくこと、生きていくことそのもの
生き方全てがヨガにつながります。

 

【ヨガによる健康】

まずは呼吸と意識という気づきによって、体とのつながりを感じるところから始めます。
呼吸と意識、体を使って訓練します。
今まで無意識だった部分に意識という光がさし本来持っている生命力が高まり
自己の能力や免疫力を高めていきます。

ヨガはバランス・調和力
教室では主に調身・調息・調心、体、息、心を整えるいわば練習、訓練を行います。
出来なくても良いのです、まず感じてまずやってみましょう。

ヨガを始めて間もない頃、本当のヨガとは何か?を求めてお寺(薬師寺、南禅寺)でヨガを教えておられた
お師匠さんのもとを訪れました。そこで学んだことは
「ヨガは生き方」だということ。生きる事、生命そのものがヨガであること。
体操は自分の体の中の調和、家族や周りの人との調和、仕事、生活、食事、考え方、自然、宇宙とのつながりとバランス
をとって生きること。

「かたよらないこころ」
「こだわらないこころ」
「とらわれないこころ」

般若心経「空」の心

ヨガの教典「ヨーガスートラ」には「ヨガとは心を波立たせないこと」
と記されています。
波風の立たない静かな水面、雲一つない青空

肉体を健康に、心を静かに、精神を安定させ本当の健康に目覚め人生を歩んで行きましょう。

 

【SCHOOL特徴】

二本の柱

①ヨガ教室   クラス、セミナーなどを受講できる学校

②ヨガの学校  ヨガ教育、ヨガ講師の育成
子供にヨガを!学びとしてのヨガ
子供は経験から多くを学びます。特に3歳〜6歳の子供の身体や脳の発達期にヨガをすることはとても良い経験です
結ぶ、つなぐという意味を持つヨガ
心と身体と呼吸を結びつけるヨガは身体、精神、感情の健康を向上させることが出来ます。
ヨガは身体を鍛え、姿勢を正し、バランスを整えます。
呼吸は心を鎮め、神経を落ち着かせます
またヨガの大きな特徴は探究心。自分とは何か!を探求していきます。

子供にヨガを続けた成果
健全な肉体  健全な精神  健全な感情  健全な社会生活

キッズヨガ(対象3歳〜6歳)
視力向上ヨガ(3歳〜)